このページの本文へジャンプ 
サイト共通メニューへジャンプ 
会員向けメニューへジャンプ
電子出版制作・流通協議会



セミナー『変貌する出版プラットフォーム2.0』

2016年度の日本の電子書籍・電子雑誌の市場は2,278億円で、前年比24.7%増と推計されており、2021年度には2016年度の1.6倍の3,560億円程度になると予測されています。(出典:インプレス総合研究所『 電子書籍ビジネス調査報告書 2017』)

本セミナーは、電子書籍・電子雑誌市場(電子出版市場)における国内外のプラットフォーマー及びプラットフォームの動向分析やビジネスモデル分析、これからの導入が予測される新しい基盤技術について概観します。

【タイトル・内容】
『変貌する出版プラットフォーム2.0』
− 内外の2017年の動きを踏まえ、今後の方向を占う −

変貌する出版プラットフォーム概要図 [大きい画像を表示]


(1)プラットフォーマーのビジネスモデル分析
・デジタル化による出版ビジネス構成要素“アンバンドル”の歴史を振り返る
・Amazonのビジネス領域拡大の動向について
・その他プラットフォーマー依存進展の動き総括

(2)国内出版プラットフォームの2017年の動き
・日本におけるデジタルコンテンツプラットフォームの動向
・出版プラットフォームの位置づけとビジネスモデルの変化
・電子コミックアプリ化を起点に始まった“新潮流”
・コミックで動き始めたシェア/レンタル市場

(3)海外出版プラットフォームの2017年の動き
・キーワードは「メディアのAmazonification(Amazon化)」
・米国を中心とした海外ニュースメディア/雑誌ビジネスの現状
・生き残りをかけた雑誌出版社がさまざまな新規事業展開
・顧客基盤を確立は新戦略展開の前提
・生き残りそうなプラットフォームは?

(4)これから本格導入が始まる出版プラットフォーム関連技術と「10年後」の可能性
・「AIファースト/ブロックチェーンファースト」新たな出版プラットフォーム構築の課題と展望

【開催日時】
2017年10月17日(火)15:00-16:30 (14:30 開場・受付開始)

【開催場所】
東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル 6階会議室 [アクセス]
最寄駅:東京メトロ・半蔵門線  半蔵門駅 4番出入口より徒歩1分

※ JCII…Japan Camera Industry Institute
       一般財団法人 日本カメラ財団

【講師】
出版コンサルタント 堀 鉄彦氏

【参加費】
電流協会員社:無料、非会員社:2,000円(当日会場にて申し受けます)

【お申込み方法】
お申込みは下記申込みフォームよりお願いいたします。

【終了いたしました】


堀 鉄彦(ほり てつひこ)氏 プロフィール
ジャーナリスト/コンサルタント/ホリプランニング代表
1986年日経マグロウヒル社(現日経BP社)入社。日経パソコン、日経ネットナビなどの雑誌副編集長を経て、2010年4月から2015年3月末まで日経BP社ライツセンター/コーポレート管理室マネージャーとして、メディア業界の動向調査や著作権・版権、出版業界団体関連の業務を担当。
2015年4月に退社し、メディアビジネスのジャーナリスト/コンサルタントとして独立。執筆のほか、メディア企業のアドバイザーとして活動中。
現在、「文化通信」にて「変貌する出版プラットフォーム」を連載中するほか、複数の出版・コンテンツ関連メディアに執筆中。
出版・著作権等管理販売研究会 顧問、電子書籍を考える出版社の会 フェロー、電子出版制作・流通協議会 電子出版ビジネスモデル研究会 委員、日本出版学会 会員
経産省コンテンツ海外展開情報基盤整備委員会委員(平成25年)
経産省出版海賊版有識者委員会委員(平成23年〜27年)
日本雑誌協会デジタル推進委員会法務委員会副委員長、同広告委員会委員(〜平成27年)出版海賊版対策会議座長(〜平成27年)

報告および配布資料

配布資料のダウンロードをご希望の方は、下記よりお申し込みください。
ダウンロードリンクが記載されたメールが送信されます。

 

企業名(必須)
 

お名前(必須)
 

メールアドレス(必須)
 

メールアドレス(確認)(必須)