このページの本文へジャンプ 
サイト共通メニューへジャンプ 
会員向けメニューへジャンプ
電子出版制作・流通協議会



【会員限定】電流協アワード2020の実施について

電流協では電子出版市場の活性化を目指して2018年に「電流協アワード」を創設し、電子出版の制作・流通分野の優れた案件を表彰しております。
今年も「電流協アワード2020」を以下の通り実施いたします。
つきましては、電流協会員社の皆様からの候補案件のエントリーを募集いたします。
ご協力の程、よろしくお願いいたします。

※ 応募は、電流協会員(幹事会員、一般会員、賛助会員、特別会員)に限ります。

1.電流協アワードの目的
・電子出版に関わる制作と流通に関して企業等の優れた製品/サービス/業績/研究等について表彰することにより、電子出版市場の活性化と発展に寄与する。


2.表彰対象
表彰の対象は概ね以下の分野とします。
・電子出版の制作と流通において顕著な業績を上げた制作会社、電子書店等の流通関係会社
・電子出版の制作と流通において優れた機能・環境を提供したツール、システム、製品、サービス等
・電子出版の流通において新たなサービスを提供している電子書店、電子流通事業者
・規模の大小に関わらず、特異の領域でのサービスを提供している流通事業者
・電子出版市場の拡大に貢献した研究・活動

 ※上記の対象については、評価の対象となる期間は概ね過去1年間とします。

上記に加え、本年は以下の表彰も行います。

・電子出版の発展に長年貢献した人物



3.エントリーについて
エントリーは、下記の要領で募集します。
・電流協の会員会社(幹事会員、一般会員、賛助会員、特別会員)からのエントリーとします。(自薦他薦を問いません)
・1社あたりのエントリー数の制限はありません。
・エントリー対象は会員・非会員を問わず、自社、及び他社の製品・サービス等でも構いません。
・外国企業であっても、日本において提供されているサービス等は対象とします。


4.エントリー方法
・エントリー募集締め切り 02月29日(土)
・別紙「エントリーシート」に必要事項を入力し、下記アドレス宛に添付して送付ください。

メールの宛先 award-entry@aebs.or.jp


5.選考方法
・有識者、学識者からなる選考委員会により受賞候補を選考します。
・電流協理事会により表彰案件を決定いたします。


6.賞の名称
・電流協大賞、電流協特別賞、電流協特別功労賞


7.表彰の方法
・本年5月の電流協総会時に表彰式を実施します。
・電流協会長名で表彰状等を贈呈します。


エントリーシートはこちらから
(AEBS_Award_Entry_Sheet.zip)

【決定】電流協アワード2020

第3回となります「電流協アワード2020」を実施し、受賞案件をメディア各社に配信いたしました。
今回、電流協大賞1件、電流協特別賞4件に加え、新たに電流協特別功労賞1件を選考いたしました。


【電流協大賞】1件

■「マンガ図書館Z」とその立案・運営/株式会社Jコミックテラス 赤松健氏
(選考理由)
マンガ図書館Zのビジネスモデルを立案し、読者のニーズである絶版になったマンガや単行本化されていないマンガを作家の許可を得て公開し、作家への還元を実現して、その運営を継続している功績が高く評価された。


【電流協特別賞】4件(会社名50音順)

■プリント・オンデマンド事業の普及、推進/株式会社ニューブック
(選考理由)
出版物流事業を核として書籍のデジタル化に対応したプリント・オンデマンド事業を構築し、フルフィルメント事業により多様なサービスを提供していることが評価された。

■「BOOK☆WALKER」による海外展開の推進/株式会社ブックウォーカー
(選考理由)
「BOOK☆WALKER Global」「BOOK☆WALKER 台湾」の海外展開、及び、海外イベントへの積極的な参加により、海外流通を積極的に展開されたことが評価された。

■本の要約サービス flier(フライヤー)/株式会社フライヤー
(選考理由)
忙しいビジネスマンが効率的に本の内容をつかんで、スキルアップができるように、書籍の要約サービスを提供している。電子書籍を含めた書籍への誘導の新しいサービスとして評価された。

■「文春オンライン」及び「文藝春秋digital」によるデジタル展開/株式会社文藝春秋
(選考理由)
「文春オンライン」及び「文藝春秋digital」を中心に多様な書籍コンテンツのデジタル化を進め、書籍コンテンツのデジタル流通での積極的な展開が評価された。


【電流協特別功労賞】1件

■萩野正昭氏/株式会社ボイジャー
(選考理由)
電子出版の創世記から活躍され、電子書籍における制作システムやユーザー端末でのビュアーの提供など広い範囲で電子出版市場の拡大に貢献されたことが評価された。


尚、選考委員は以下の方々です。

選考委員長  植村八潮氏(専修大学教授)
選考副委員長 矢口博之氏(東京電機大学准教授)
選考委員   星野 渉氏(本の学校、文化通信)
  〃    落合早苗氏(O2O Book Biz)
  〃    千葉弘幸氏(日本印刷技術協会)
  〃    堀 鉄彦氏(コンテンツジャパン)
  〃    藏本琢也氏(電流協 広報普及委員会委員長)